整形外科

整形外科とは?

整形外科とは人体の運動器官の病気やケガを扱う専門の科です。単に病気やケガを 治すだけでなく、運動機能の回復治療を目的とします。

整形外科が扱う主な症状

下記のような症状の場合には、整形外科で診察が必要な疾患・外傷の可能性があります。

首:車に乗っていたら追突された。頚や腰がいたむ。 肩:肩が寝ていても痛くて、腕を上げにくい。後ろに手が回りにくい。 肘:子供が痛がって腕を動かそうとしない。背中、腰、頸部:頸部・背中・腰がいたむ。手:指のこわばり、しびれがあり、動かすと痛む。 臀部:臀部や太ももの裏が痛み、足がしびれて歩きづらい。 膝:膝・股関節が、歩くと痛い。足:足関節部の捻挫や原因不明の足ゆび、足関節の痛み。その他:スポーツによる外傷、いたみ。

診断について

男性の医師が問診を行っている様子

問診・診察を行い、X線撮影・血液検査・超音波検査などを併用して診断していきます。必要な時には、更なる検査としてMRIやCT (他施設に依頼)なども実施しております。

症状を見て必要と判断した場合は、国立病院機構 相模原病院をはじめとした医療機関と連携を行っております。

治療法について

ギブス固定による治療の様子

局所の安静(ギプス固定など)や、痛みどめ・湿布などの薬による治療から、注射による治療を行います。腱鞘炎(バネ指)などに対しては、外来での日帰り手術も行っています。リハビリを併用し、出来るだけ早期の機能回復を目指します。

関連リンク リハビリテーション

内科

当院では、整形外科の治療と併せて、内科の診察と治療をおこなっています。高血圧症、高脂血症、痛風、糖尿病などの生活習慣病や、かぜ、インフルエンザなどの診療の他、相模原市基本健診・肺がん、大腸がん検診もおこなっています。