リウマチ科

関節リウマチとは?

朝の手や指のこわばりや、体中のいくつかの関節に腫れや痛みを生じる自己免疫疾患です。進行すると関節は変形し、日常生活にも支障が出てきます。主に、診察とX線検査・血液検査などで診断します。

主な症状

  • 症状が左右対称に現れる。(初めは片側だけでもいずれ両側に出てくる)
  • 腫れと痛みのある箇所が3か所以上ある・朝のこわばりが1時間以上続く。
  • 手の関節(指の第二関節、指の付け根、手首の関節)の腫れ。
  • 皮下結節ができる(肘、膝などの皮膚の下に痛みのないしこりができる)
  • その他として身体中を走る痛み、倦怠感のようなもの、 ひどい疲れ、食欲不振、貧血など

診断について

この数年で診断を補助する検査法は大幅に変化しました。従来の諸検査法に変わり、極く早期から関節リウマチの診断ができるようになりました。

治療法について

生物学的製剤と呼ばれる治療薬で以前に比して早期に関節リウマチの機能的改善、レ線写真的改善、そして寛解を以前の治療薬に比して高頻度に得られるようになりました。